ウェブサイトの
効果的な運用
とは?

ウェブサイトを効果的に運用するには

ウェブサイトの 効果的な運用 とは?

まずは「生きているWebサイト」にすることが重要です。

「生きたWebサイト」とは、更新が頻繁であり、その情報がユーザーにとって有用である場合そう呼ばれます。
逆に更新されずに放ったらかしのWebサイトは、当初いくら内容が充実していてもいずれ「死んだWebサイト」となってしまいます。
Webサイトを作ったところで満足して、そのままにしていませんか?
表札代わりならばそれでも構いませんが、高い費用をかけて作るのですから、しっかりWebサイトに仕事をさせないといけません。

「生きているWebサイト」にすべき理由

ウェブサイトを生かさなければいけない理由は大きく分けると次の2つです。


ユーザーのために生きた情報・有用な情報を発信し続けることがサイトの使命であるから

当たり前過ぎて今更・・・と言われるかもしれませんが、闇雲に更新だけすれば良いものでもありません。
独りよがりの更新・情報発信ではユーザーのためになっていない場合があります。
ユーザーのニーズに合わせて適宜更新を重ねて行くことが重要となります。
そのためには、そのwebサイトがどのようなアクセスのされ方をしているのかを解析する必要があります。
その解析結果を踏まえてよりユーザーのためになるようなブラッシュアップがwebサイトの更新には必須です。

ユーザーのための更新POINT

  • 【アクセス解析】
  • 1 日のアクセス数
  • 滞在時間
  • 直帰率(すぐ離脱した割合)
  • ページビュー(何ページ見たか)
  • 有料広告からの流入(ディスプレイ/リスティング)
  • 検索キーワード


Google が「良いwebサイト」だと判断し、検索結果を上位に表示されやすくするため

本来Googleのためにwebサイトを作るわけではないのですが、現在我々インターネットユーザーの全てはGoogleのさじ加減ひとつで右往左往しているのが現実です。
中でも検索順位に関してはほとんどGoogleの基準によって上下すると言っても過言ではありません。
その基準の一つに、ウェブサイトの内容が本当に役に立つ情報になっているかどうか、というところが重要視されています。
例を上げると、更新頻度、内容の充実度・精度、あるいは情報の有益度など、中には基準がわかりにくいものもありますが、常にGoogleから監視されているのは確かです。
我々インターネットユーザーの都合に関係なく頻繁に基準が変わるので各企業のwebサイト管理者だけで対処することには限界があると言えます。

検索エンジン向けの具体策

  • 【SEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)対策】
  • Google好みにHTMLをチューニング(内部対策)
  • Google好みにサイト内テキストをチューニング(内部対策)
  • 優良外部リンクの提供(外部対策)
  • その他Googleガイドラインに則ったwebサイト構築


継続は力なり

webサイトが出来上がってからも上記の事柄を継続的に行うことが、生きたwebサイトを維持する上で必要不可欠です。
お客様ご自身でも自社にご担当者が常駐していれば可能ですが、ご担当不在の場合は弊社で継続的にメンテナンスを行うことができます。
長期間、一貫した作業を行うことで効率よくお手伝いさせていただけると思います。
生きたサイトは「活きた」サイトです
読んで字のごとく「活きた」サイトは
活用されているサイトでもあります。
すべての企業はwebサイトを有効に活用すべきです



 CATEGOLY : SEO対策, webサイト制作, お困りの問題, サイト運用サポート | by


ご相談・お問い合わせ