.


ワードプレス – Word Press – とは

CMSでサイト構築

我がエー・エム・ティーの新ホームページは、今年のリニューアルの際に「ワードプレス(WordPress)」というCMSを使って構築しました。
CMSとは、コンテンツ・マネージメント・システム(Contents Management System)の略称で、Webサーバー・PHPスクリプト・SQLデータベースサーバーを組み合わせた、ホームページコンテンツを運用・管理するためのサーバーシステムです。
ホームページをブログ投稿のような手軽さで更新できる仕組みですが、通常のパソコンソフトとは違って、パソコンに何らかのソフトをインストールして使う訳ではありません。
実際にホームページを発信するウェブサーバーに組み込まれており、私たちはブラウザを使ってそのCMS管理画面にログインして、記事を追加したり、HTMLやCSSを変更したり、あるいは記事の公開・非公開を調整したりします。
世界中で普及しており、さくらインターネットや、ロリポップ!レンタルサーバーなど、多くのインターネットレンタルサーバーでユーザーが比較的簡単に導入できて、機能拡張もプラグインという仕組みでいろいろ可能、その上多くのデザインテンプレートが有償・無償で配布されているため、さほどサーバーやウェブの仕組みに詳しくなくても、十分にカッコいいサイトが運用できるのが特徴です。
ただし、逆に大変メジャーなCMSであるが故に、不正アクセスを狙う極悪人も多いので、システムのアップデートや、ユーザー管理はしっかりと対応しておく必要があります。


WordPressの管理画面
ワードプレスの管理画面


ワードプレスを使うメリットとデメリット

「ワードプレスで●●」「初めてのワードプレス」など、書籍も多数出版されているので、導入から最初のホームページ開設までなら、本を読みながら進めれば、ほぼ確実に自分のサイトが公開できます。

予約専門のインターネットサービスや、会計専門の外部インターネットサービスを使えば、顧客情報などのセキュリティの問題もまずまず安心です(信頼できる誠実な業者と契約すれば)し、日常的な更新やメンテナンスが「インターネットが繋がる環境なら」どこからでもいつでも可能、という点で、非常にオススメです。

しかしながら、見出し文字の書体を変えたいとか、太さやサイズを大きくしたい、あるいは、画像を大きめに真ん中に配置したい、などということになってきますと、いよいよHTMLCSSのスキルが必要になってきます。
さらに、■■を▲▼できるようにしたい などの機能拡張とか、デザインをオリジナルのものにしたい、などになってきますと、PHP(Hypertext PreProcessor:を略して順番を変えているんだそうです)やJavascriptといったスクリプト(サーバー上で動かすプログラム)のスキルが必要になり、いよいよウェブ職人の世界に突入です。


PHPの公式サイト

PHPの公式サイト


Javascriptの解説サイト
Javascriptの解説サイト


ワードプレス職人への道

普段は、インターネット上には数多くのワードプレス関連情報が公開されていますので、その多くを参考にさせていただきながら、操作の方法や解決策をいろいろと探して(試して)正解を見つけていきます。

サーバーシステムと言えども要するにパソコンソフトなので、かぎかっこやコンマがひとつでも間違っていれば、ちゃんと動きません。
「エラー!」つってだらけた感じの画面が出てきておしまいです。

ネットの力を借りても、ちょいちょい「バージョンが違うと不正解」という問題にもよくぶち当たりますし、知りたい肝心なところは英語だったりするのは、外国製ソフトウェアあるある といったところでしょうか。
つくづく、学生時代にちゃんと英語の勉強をしておけばよかったと反省したりもしますが、今はともかくも何とか解決しないといけません。

昔触ったことがある というのは通用しないみたいで、今のバージョンのを改めて勉強しなおしです。
それでもやっぱり、ネットに無償公開してくださっている情報には感謝しかありません。


参考にさせていただいております

PHP.netさん:
PHPの紹介・ダウンロードサイト
https://www.php.net/

MDN web docsさん:
MozillaによるJavascriptの解説サイト
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript


ワードプレスのテスト環境を用意する

xamppのコントロール画面
XAMPPのコンソール画面


さて、ワードプレスはサーバー上で動かすプログラムなので、スクリプトやデザインテーマの開発には、ウェブサーバーの環境が必要となります。
実際に動いている現行サーバーでテストしちゃうという無謀キャプテンな方法も無くはないですが、やはり専用の開発環境があった方がよいとのことで、AMTウェブ制作部も「XAMPP」という開発環境を用意しています。
このローカルサーバーにワードプレス(とウェブサーバーとSQL)をインストールして、本番用と同じような環境で開発・制作作業をしています。


Apache Frends.orgさん:
XAMPPの紹介&ダウンロードサイト
https://www.apachefriends.org/jp/index.html

バズ部さん:
WORDPRESS環境を構築する手順を丁寧に紹介してくれています
https://bazubu.com/xampp-wordpress-23795.html


ワードプレスでサイト構築する際の、デザイン上の問題をすっきり解決するためには、やはりオリジナルテンプレート(デザインテーマ)を自作するのが一番確実です。
ワードプレスというシステムがオススメなのは、デザインテンプレートを自作するための仕様が公開されていて、そこそこ勉強すれば自作も可能だ、という点も大きいです。

ほかの人が作ったデザインテーマは、やっぱりその作者さんの好みや工夫や努力が反映されていて、どこがどうなっているのやら理解するのにそれなりに時間と労力がかかるので、オリジナルテンプレートであれば、「どこがどうなっているから、見た目や動きがこうなるのか」を完全に網羅しながらサイト構築を進めることが出来ます。

もちろん、エー・エム・ティーのサイトも完全オリジナルのワードプレステンプレートです。
また、オリジナルテンプレート「AMT01」は随時改良を加えながら、アップデートをしています。
さらに、別のオリジナルデザインテンプレートも、日々じわじわ作成してストックしており、ウェブ制作のご依頼があれば、こんなのはどうでしょうかとお見せできるようになっています。


AMTのワードプレステンプレート例オリジナルテンプレート画面


と言っても、インターネット上の、多くの先輩たちのノウハウに助けられながら構築しておりますので、TIPS・テクニカルな部分については、AMTウェブ事業部も、微力ながらも無償にて公開させていただくつもりでおります。
すべて理解しているわけではありませんが、よろしければ何なりとお問い合わせくださいませ。
またオリジナルのデザインテーマをご覧になりたい方は、ぜひご一報くださいませ。

ではまた次回。



ご相談・お問い合わせ