.


ワープスタビライザー

ワープスタビライザー


ワープスタビライザー は、Adobe Premiere Pro のビデオエフェクトのひとつで、手持ちカメラ撮影などで手振れしてしまった映像をスムーズに修正してくれるエフェクトです。
高価なカメラなどでは手振れ補正の機能を持っているものもありますが、果たしてソフトウェア的にどの程度補正をしてくれるのでしょうか?
という訳で実験です。


スマホ映像にかけてみる

  • Androidのスマホを使って撮影。4Kですが、手振れ補正の機能はありません。
  • 前半は元の映像です。ガッタガタです。
  • 後半はAdobe Premiere Proに読み込んで、ワープスタビライザーをかけた映像です。
  • 計算のため、多少画角が変わっていますが、結構補正してくれています。


ミラーレス映像にかけてみる

  • 今度はミラーレスカメラの映像です。手振れ補正をOFFにして撮影すると、やはりガタガタです。
  • 手振れ補正OFF映像にワープスタビライザーをかけると、やはりかなり補正してくれています。
  • カメラの手振れ補正機能を使って撮影した場合は、このぐらいスムースになってくれます。
  • 手振れ補正ONの映像に、さらにワープスタビライザーをかけるとこんな感じです。


この映像はテストのため、結構どかどかと歩きながら撮影してみましたが、ちゃんと気合をいれてそーっと歩けばなんとかなるかもしれません。
前回の背景切り抜きもそうでしたが、確かにソフトウェアは進歩しているのですね。



ご相談・お問い合わせ