商品カタログ を
紙とWebの
両方で展開したいが
どこへ頼むべきか?

商品カタログを紙とWebの両方で展開したい

商品カタログ を紙とWebの両方で展開

今や、紙だけのカタログ展開では物足りなさを感じる時代となってきました。
とは言えweb やデジタルカタログだけに頼るというのも片手落ちと言えます。
従来から慣れ親しんだ「紙」というアナログ媒体と、急激に浸透し今後も間違いなく需要が増える「web」などに代表されるデジタル媒体を両輪とする、紙とwebの融合カタログは今後のスタンダードであり、今後の企業活動には必須となります。


将来を担う有能な一冊を作ることから始めましょう

カタログが現存する場合、競合比較などもしながら方針を決定します。
新規の場合はターゲットに的確に届く施策をデザインの観点と業界の状況から考察します。

商品の撮影は非常に大切な要素となります。
プロの品質で商品の魅力を十分に引き出す写真を撮影します。
また、場合によっては単純なスペック表示だけではなくコピーに一工夫します。

細かいルールに基づき、似たようなページが繰り返されるだけと思われがちですが、スピーディーかつ正確に伝えるための工夫が施されています。

初校=原稿が間違い・過不足なく入っているかをチェックします。
赤修正=赤字をひとつひとつ修正します。
再校=赤字修正がきちんと履行されているかをチェックします。

データに不備がなければ印刷します。
長年付き合いのある信用度の高い印刷会社へ依頼します。

必要な事業所へ直送、あるいは本部へ一括送付も可能です。
ご相談ください。



カタログのweb(デジタル)展開

自社web サイトへの掲載、PDF での配布、電子ブックやタブレット端末での表示など、どの媒体で展開するか

各デジタル媒体へ最適化するために印刷データを変換・展開します。

印刷物と異なり、変更には柔軟に対応可能です。
効果を測定しながら細やかなブラッシュアップが可能です。

スパンの長い印刷物の間を埋めるツールとして、デジタル媒体は最適です。
自社でメンテナンスできる仕組みを構築することも、一式グロスで請け負うことも可能です。


カタログに関することがワンストップで完了
カタログは様々な方面へ一度に展開することが効果的です。
それを実現するノウハウを持つ当社へ
お任せください。



 CATEGOLY : webサイト制作, お困りの問題, グラフィックデザイン制作, サイト運用サポート, パンフレット制作, 販促ツール制作 | by


ご相談・お問い合わせ