採用コスト が
増え続けているが
その割にはいい人材に
恵まれないのが悩み

採用コストが増え続けているが、その割にはいい人材に恵まれないのが悩み

採用コスト の増大が問題化しています

最近、テレビやネットで人材サービスのCM がよく見られます。

人不足が騒がれてしばらく経ちますが一向に改善される気配はなく、より一層企業は採用に手こずり経費ばかりが増大しています。
そんな一見活発に見える業界にも変化が見られます。

これまでは就職や転職に関わる会社は「人材業界」などと呼ばれていました。
その中には「人材派遣」「人材紹介」「求人広告」「人材育成」などが含まれています。
印象としては採用される側、いわゆる労働者側に主軸を置いたサービスと考えられます。

つまり労働者が働く場所を探すツール、あるいはそれらを支援するシステムと言えるでしょう。

一方、最近はこの業界をもう少し広く捉え「HR 業界」などと呼ことがあります。

HR とはHuman Resources の略で和訳すると「人事」となります。
人事部の仕事をサポートするというように捉えるならば、なるほど人材業界とは逆に採用する側の企業に主軸を置いたサービスと言えます。

今後は採用・人事・労務・研修などHR サービスとしてトータルで請け負うことができる企業が増えていきそうです。


いい人材を検索して一本釣りする仕組み

HR(人事)の視点から需要が高まっているのは「どうやって優れた人材を採用するか」に尽きるのではないでしょうか?
もちろん人材育成や研修、人事制度や業務システムの改善などもHR に関わる重要な案件ですが、人がいなければ話になりません。
その意味でもまずは「採用」が第一に語られるべきでしょう。

弊社提携企業が提供するのは、低コストで確実に望む人材をリクルートする仕組みです。
1 年間の利用料が定額で、50万名を超える転職希望登録者から何名にオファーしても「追加費用無し」です。
さらにそこから何人採用に至ったとしても「追加費用無し」ですので、採用費用が年間の定額料金を超えることはありません。
現在まで65,000 社もの企業様にご利用いただいています。


ご利用イメージ

採用条件に合う人材を登録者の中から検索します。

検索した登録者の中から実際に採用したい人材に、面接などのオファーを配信します。

自社の求人に興味を持っているユーザーにメッセージを送信、面接日時などの希望条件をやりとりすることができます。

採用に至っても追加費用は一切かかりません。


年間1,000 万円の予算で30 人の採用をしていた企業が、翌年同じく30 人の採用をこの年間定額人材採用サービスで完了したそうです。
つまりかけたコストは年間定額費用のみなので、数百万円以上のコストカットを達成したわけです。

30 名とはかなりの規模の会社ですが、10 名程度の採用でも十分効果が感じられるはずです。




定額制人材採用サービスの特徴
年間定額でスカウトし放題
採用したい人材に直接アプローチ可能
条件を設定しておき自動でオファーを送信



 CATEGOLY : お困りの問題, ビジネスサポート | by


ご相談・お問い合わせ