.


Amazon Kindle(アマゾン キンドル)で間違って注文しても返品できます

AmazonのKindleというシステムはワンクリックで本を購入できてたいへん便利ではありますが、それだけにいつもクリックするときはドキドキしながらポチっていたものでした。



ところが、慣れでしょうか。歳でしょうか?

間違ってポチってしまいました。



まあ、ネットショッピングでもたまに間違ってポチってしまうことはありますが、商品が届いていなければ、キャンセルはそれほど難しくはありません。

届いた後でも開封していなければすぐに返品できるでしょう。

しかし、データのダウンロードで購入できる書籍はどうでしょうか。

データなので、すでに手元に届いてしましまっています。

なんなら読むこともできます。

これを返品って無理だろうなと、一瞬諦めかけました。

だがしかし、

トライしてみることにしました。



結果、どうだったかと言うと



返品できました!



Kindleで間違って購入して泣き寝入りをすることのないように、

今回のケースを共有しようと思います。



【1.注文クリック「直後」にキャンセルする場合】



AmazonのKindleでは、この「注文を確定する」ボタンをクリックすると、即座に決済が行われてデータが手元に届けられます。

ここで間違いに気付いて冷静に対応できるならばまずは安心です。



次の画面でキャンセルの項目が出てきます。







下に出ている「注文をキャンセル」ボタンから手続きが可能です。

これを知っているだけでも、大分落ち着いて買い物ができます。



【2.注文後しばらくしてから(7日間まで)キャンセルする場合】


問題は、間違いに気がついてパニックになり、ページを移ってしまった場合です。



そこまで行くと「カスタマーサービス」の出番です。

しかし、Amazonはカスタマーサービスまでたどり着くのがたいへんです。



Amazonのサイトをあちこち探し回り、なんとかリンクを見つけても行けますが、手っ取り早く

「Amazon カスタマーサービス」で検索することをおすすめします。







いちばん上に出てきます。

そこへ行くと次のようなページへ飛びます。







「お問い合わせフォーム」をクリックするとようやくチャットページに飛べます。

過去にもAmazonのカスタマーサービスとコンタクトを取りましたが、たどり着く道が毎回異なっていることから、恣意的なモノを感じざるを得ません笑。(インターフェイスは頻繁に変わっています)

そういう意味からも検索で直接アクセスすることをオススメします。







「今すぐチャットをはじめる」でチャットをスタートさせたところからのスクリーンショットを次に掲載しておきます。



こんな感じでフレンドリーに開始され、AIボットから逐次担当を変えながら問題解決に進みます。









今回の間違いは次のように小説版の18巻をポチったつもりが漫画版の18巻をポチってたといういちばんありそうなパターンで、お恥ずかしい限りです苦笑。







この場合、Amazonにログインしていることが重要です。ログインしていると、身元の確認や注文状況が、何も言わなくてもカスタマーサービスに伝わっています。

商品名だけでキャンセル処理ができているのはログインしていたからです。

また、当然どこまで読み進めたかも把握しているそうなので、全部読んでから返品するというのは通りませんので悪用しようとしてもムダです笑。



今回はカスタマーサービスへの連絡が早かったことと、正しい商品を買い直していることもありスムーズに進んだのかもしれません。ほとんど会話もしていません。



最後に褒めたつもりが謝られてるし笑。



このように正当な理由があれば、比較的間違いには寛容なのがAmazonです。しかし、Kindleに関しては頻繁に返品を繰り返すとアカウントが止められたりするそうなので、基本的には購入の際には気を付けるというのが何より鉄則です。当たり前ですが。



結構多いのではないでしょうか?

電子書籍の返品なんて無理だと思って諦めてしまった人。

次回からは恐れずに返品してみましょう。

ただし、ポチる前はきちんと確認してください。




ご相談・お問い合わせ