.


WordPressを引っ越す

WordPressを引っ越す


WordPressを引っ越す 手順をご紹介します。
サーバーを新しいものに変更したり、デザインやPHPのコードを開発するために、一時的に自分のパソコンに現在のサイトを再構成してみたりするような場合に、以前ご紹介したワードプレスのバックアッププラグイン「BackWPUp」を使って移転・復元する必要があります。


ネットにも幾つかその手順が掲載されていましたが、どうやらバージョンの違いなどの関係で、必ずしも手順通り進めればうまくいく、という訳ではなさそうです。
そこで、先日もドツボにはまってしまった自分の備忘録も兼ねて、当社でのバックアップ復元方法をご紹介します。
今回は、移転元は先日公開した「LiveArtJAPAN」のサイト「live-art.jp」、移転先はローカル環境「XAMPP」としてご紹介します。
適宜ご自身の環境に置き換えてご覧ください。

※実際に自社サーバーなどでお試しになる場合は、先にXAMPPなどテスト環境への移行をテストしてからにしましょう!


あらかじめBackWPUpでバックアップを取っておく

あらかじめBackWPUpでバックアップを取っておく
以前ご紹介した「BackWPUp」の記事のような感じでバックアップ設定を入れておけば、自動的にフルバックアップが所定のディレクトリに保存されているはずです。


最新版バックアップをダウンロード

最新版をダウンロード
最新版のバックアップファイルをダウンロードします。


解凍してsqlファイルを開きます

解凍してsqlファイルを開きます
解凍すると、データベースの内部構造を記述したsqlファイルがありますので、テキストエディタで開きます。


sqlファイルの中身

sqlファイルの中身
sqlファイルの冒頭に、データベースとWordPressの環境が記載されています。
例えば画面は「live-art.jp」のワードプレス環境です。これをメモしておきます。


今回の移転先はXAMPPローカルサーバーです

今回の移転先はXAMPPローカルサーバーです
今回の移転先は、こちらも以前ご紹介したXAMPPローカルサーバーです。
ローカル環境に新しい引っ越し先(データベースとWordPress)をインストールしておいて、そこにバックアップを復元しようという訳。
まずは新しいWordPressをインストールする準備から…。
コントロールパネルから、MySQLの「Admin」をクリックします。


phpMyAdminにログイン

phpMyAdminにログイン
phpMyAdminにログインします。
最初にデータベースをインストールした時のユーザ名とパスワードでログインして下さい。


新規作成をクリック

新規作成をクリック
phpMyAdminの左メニューにある「新規作成」をクリック。
他は決していじらないように!


データベースを作成する

データベースを作成する
sqlファイルで確認しておいたデータベース名で、新規にデータベースを作成します。


このデータベースにはテーブルがありません。
「このデータベースにはテーブルがありません。」と表示されますが、この後すぐにWordPressのインストールで作成されるので、このまま進みます。


WordPressをインストールする

WordPressをインストールする
WordPress日本語公式サイトからダウンロードした最新版のWordPressを解凍します。


xamppのhtdocsにコピー

xamppのhtdocsにコピー
今回はXAMPPに復元するので、「C:\xampp\htdocs」(XAMPPをインストールしたディレクトリのウェブルート)に、
先ほどsqlファイルに書いてあったインストールディレクトリ名「wp」という名前で解凍WordPress本体をコピーします。


WordPressをインストール

WordPressをインストール
XAMPPを起動した状態で、コピーしたワードプレスディレクトリURL(ここでは http://localhost/wp/)にアクセスすると、WordPressのインストールが開始されます。


データベース接続のための設定

データベース接続のための設定
メモしておいたsqlファイルの内容で詳細を入力します。
データベースのユーザー名 は、新しいサイト(この場合はXAMPPのユーザー名)のもの、
データベースのパスワード は、新しいサイト(この場合はXAMPPのパスワード)のものです。
データベースのホスト名は「localhost」
テーブル接頭辞は、sqlファイルに書いてあった「Table Prefix」にしてください。


インストール実行

インストール実行
データベースと通信可能なら、インストールが実行できます。


WordPressインストール設定

WordPressインストール設定
サイトタイトルは適当なものでOK。
ユーザー名・パスワード・メールアドレスは、引っ越し元と同じにしておいた方がよさそうです。
検索エンジンがサイトを….にチェックを入れて、Googleロボット様が来ないようにしておきます。


WordPressインストール完了

WordPressインストール完了
WordPressのインストールが完了したら、ログインします。


WordPressインストール完了
WordPressのユーザー名とパスワードで、ログインします。


WordPressログイン完了
ひとまずWordPressにログインできました。
このWordPressの設定とデータベースを、引っ越し元のデータに置き換えていきます。


phpMyAdminにログイン

phpMyAdminにログイン
phpMyAdminにログインします。


作成されたテーブルを確認

作成されたテーブルを確認
テーブルの無かったデータベース「liveart_01」に、WordPressのインストール作業によって新たに12個のテーブルが作成されています。
これらを引っ越し元のテーブルにごっそり入れ替えるので、phpMyAdminの左メニューで「liveart_01」をクリックして…


作成されたテーブルを削除

作成されたテーブルを削除
「すべてをチェックする」をONにして、「liveart_01」内の12個のテーブルが選択されているのを確認してから、
「チェックしたものを削除」を選択。


「以下のクエリを本当に実行しますか?」

以下のクエリを本当に実行しますか?
「以下のクエリを本当に実行しますか?」と聞いてくるので、実行します。


「SQLは正常に実行されました」

SQLは正常に実行されました
「SQLは正常に実行されました」
これでWordPressをインストールする直前の状態に戻りました。


sqlファイルの修正

sqlファイルの修正
引っ越し元のデータベース情報が格納されている「sqlファイル」の、例えば28766行目あたり(sqlファイルの中ほど)を見てみると、引っ越し元のURLが記述されている箇所が大量にあることが分かります。


URLの置換

URLの置換
そこで、まずはこれらを新しい引っ越し先(ここでは http://localhost/)にテキストエディタで置換します。
※この画面では秀丸エディタで説明しています
お使いのテキストエディタで「引っ越し元URL」を「引っ越し先URL」に置換します。

ドツボにはまるのは大抵このプロセスですので、必ずバックアップを取りながら進めましょう。


うまく置換できました
うまく置換できました。
中身を見てみると、どうやらちゃんと置換されているのが確認できます。


データをまるごと新しいディレクトリに移します

データをまるごと新しいディレクトリに移します
解凍したバックアップデータの、「.htaccess」以外を引っ越し先のWordPressディレクトリ(ここでは「wp」)に上書きコピーします。


ファイルを置き換える
ファイルを置き換えるかどうか聞いてくるので、置き換える。


htaccess以外を移す
htaccess以外を上書きします。


再度phpMyAdminで

再度phpMyAdminで
再度phpMyAdminにログインして、データベース名「liveart_01」をクリック。
「liveart_01」は、まだテーブルがひとつもない空のデータベースのままです。


データベースのインポート

データベースのインポート
phpMyAdminメニューの「インポート」をクリックして、アップロードファイルの欄に書き換えた「sqlファイル」を選択、実行します。


インポートは正常に終了しました

インポートは正常に終了しました
インポートが終了すると、左メニューの「liveart_01」データベースに、再度テーブルが追加されます。


データのチェック
例えば「●●options」テーブルをクリックして表示させてみると、siteurlやhomeの項目が書き換えた内容になっていることが分かります。


では再度WordPressにログインしてみましょう

では再度WordPressにログインしてみましょう
では再度WordPressにログインしてみましょう。


データベース接続確立エラー

データベース接続確立エラー
まじか。


データベースは大丈夫そう?

データベースは大丈夫そう
phpMyAdminでログイン後に、いろいろなテーブル(例えば図では「●●posts」)をクリックしてみて、
内容が表示されるようであれば、データベースは正常にお引越し出来ていることが多いです。


実はwp-configが未修正

実はwp-configが未修正
データベースが大丈夫そうだ、という場合は、WordPressの設定不足が原因です。
今回はうっかり「wp-config.php」を修正するのを忘れていました。


wp-configを修正します

wp-configを修正します
「wp-config.php」をテキストエディタで開いたら、図の部分が正しく設定されているか確認します。
データベースのユーザー名、パスワード、ホスト名が間違っていることが多いような気がします。


まだ接続できない

まだ接続できない
「wp-config.php」を修正後、再度WordPressにログインしようとしましたが、Not Foundになってしまいました。
実は今回の引っ越し元には、不正アクセス防止のため「SiteGuard」プラグインを導入させていただいており、
標準のログインURLを使えないようにしてあるのが原因でした。そこで….


一旦SiteGuardを切ります

一旦SiteGuardを切ります
今回はXAMPPローカルサーバーなので直接「plugins」フォルダにある「siteguard」フォルダを削除して、無理やり停止する作戦に出てみます。


無事ログイン出来ました

無事ログイン出来ました
おかげ様で無事ログイン出来ました。


サイトアドレスを変更します

サイトアドレスを変更します
WordPressの「設定」で、サイトアドレスを変更して、作業しやすいようにしてから再ログインします。


いろいろ弊害が出てきます

いろいろ弊害が出てきます
プラグインを多数インストールしている場合は、引っ越しに伴っていろいろ不具合や警告が出てきますので、こつこつ修正しましょう。


引っ越し完了?
やれやれ、これで引っ越し完了です!……………………….のはずですが…


画像のリンク切れとか

画像のリンク切れとか
画像のリンク切れとか、その他細かな不具合が残っている場合もあります。


変換し忘れ
↑上のページのソースコードを見てみると、画像のリンク指定を一括変換し忘れたのが原因でした。
修正数が少ない場合は人力で、多い場合はデータベースのインポートからやり直しです。

データベース作成時の名前、sqlファイルの書き換え、WordPressインストール直前設定をうまく行えば、新しいドメイン名で新しいデータベースやテーブルに移し替えることも可能です。
引っ越し元に合わせた設定にするのが一番うまくいくようですが。
という訳で、長文失礼しました。



ご相談・お問い合わせ