WP Show Posts

WP Show Postsプラグイン


WP Show Posts は、投稿記事を一覧表示するためのワードプレスのプラグインです。
自作のWordpressループに比べると制約もありますが、手軽に実装できる大変便利なプラグインです。
レスポンシブにも対応していますし、設定次第では十分に機能を果たすことが出来るので、急ぎのデザインサンプルなどで、ささっと一覧を組み込みたい場合など大変重宝します。


WP Show Postsプラグイン
WP Show Postsプラグインの詳細


設定を幾つも用意できます
:設定を幾つも用意できます


インストールすると、左のメインメニュー内に「WP Show Posts」というメニューが現れます。
「投稿リスト」を必要なだけ新規追加していきます。
↑ではサンプル用に2つ作ってみました。


設定例:画像付き一覧
:設定例:画像付き一覧


最低限必要な設定は「投稿」「カラム」「画像」「コンテンツ」の4つです。
ここでは投稿タイプとして「post」、分類を「category」として、投稿記事のうち、カテゴリー「cat01」に含まれる記事のみを6件表示するように設定しています。
「カラム」では1行あたりのカラム数と間隔、「画像」では画像を表示する・しない サイズ 配置位置 タイトルの上にするか下にするか、「コンテンツ」ではタイトルの表示非表示やタグ(H2見出しで表示、など)、必要ならば抜粋や全文表示などを指定します。
除外する投稿IDや並び替え順など、比較的細かな調整も可能です。
何しろ軽いので、実際にプレビューしながら設定をちょこちょこ変えて確認できるのが非常に便利です。


ショートコードを固定ページに記載
:ショートコードを固定ページに記載



設定出来たら、一覧を掲載するページ(↑この例では固定ページ)にショートコードを書けば完成です。


テンプレートの場合はecho do shortcode
:テンプレートの場合はecho do_shortcode


テンプレート内で使う場合は、PHPの「echo do_shortcode」を使います。


レスポンシブ対応しています
:レスポンシブ対応しています

このようにきちんとレスポンシブ対応してくれています。



ご相談・お問い合わせ