Web制作

BackWPup

2020.11.26

Wordpressのバックアッププラグイン「BackWPup」

BackWPupは、ワードプレスのバックアップ用プラグインです。
簡単な設定で定期的にバックアップをとってくれる便利なプラグインなので、大変便利です。

「ジョブ」として設定を新規追加します

BackWPupの新規ジョブを設定します
:BackWPupの新規ジョブを設定します

インストール後、「ダッシュボード」にある「最初のステップ」を順番に進めていくことでバックアップの設定ができます。
↑はジョブとしてバックアップの設定を新規に作成したところ。
おもいっきり分かりやすい名前にしています。

BackWPupの基本設定をします

BackWPupの基本設定
:BackWPupの基本設定

ジョブの中は複数のタブに分かれていますが、ほとんどデフォルトで問題なさそうです。

「一般」タブの中ほど、アーカイブ形式を「Zip」、バックアップファイルの保存方法を「フォルダーへバックアップ」としておけば、設定したスケジュールに合わせてサーバー内の特定のフォルダにZIP圧縮されたバックアップデータが生成されます。

BackWPupのスケジュールを設定します

スケジュールを設定します
:スケジュールを設定します

「スケジュール」タブの設定をします。

ジョブの開始方法を「WordPressのcron」にして、実行時間を希望のタイミングで設定します。
↑画像では毎週日曜日の3:00AMに行うよう設定しています。
「EasyCron.comでまずAPIキーを….」は、しなくても大丈夫そうです。
ちゃんとバックアップが動かない場合は、設定が必要かもしれません。

BackWPupのバックアップ先を設定します

バックアップ先を設定します
:バックアップ先を設定します

「宛先:フォルダー」タブで、バックアップ先の設定をします。

↑バックアップを格納するフォルダー を指定します。
通常はデフォルトのままで大丈夫です。
15コ以上になると、古い方から削除されていきます。

こんな感じでバックアップされます

こんな感じでバックアップされます
:こんな感じでバックアップされます

バックアップを格納するフォルダー で指定したフォルダーに、↑のような感じでバックアップが作られます。

ファイル頭にバックアップが生成された日付がつきます。
当社では、念のためFTPで最新版を毎週ダウンロードしています。

バックアップファイルの中身です

バックアップファイルの中身です
:バックアップファイルの中身です

バックアップファイルの中身はこんな感じ。
Wordpressのシステムとデータが丸ごと入っています。