印刷物

チラシ作成業者おすすめ選定方法|選ぶ基準、良い会社の特徴とは

2024.01.30

チラシ作成業者おすすめ選定方法|選ぶ基準、良い会社の特徴とは

チラシ作成業者をどこにするのか選ぶことから、チラシ作成はスタートします。どこに依頼するかで、出来上がりが大きく変わってきます。そのため選定は重要です。
本記事では、チラシ作成業者の選定方法について解説。チラシ作成業者の種類、選定基準別の会社、良い会社の特徴など詳しく説明します。

■チラシ作成業者の種類

チラシ作成が出来る会社の種類

チラシ作成業者にはいくつか種類があります。代表的な依頼先としては

  • フリーランス
  • チラシ専門の作成業者
  • 印刷会社

などがあります。それぞれの違いを交えて解説いたします。

フリーランス

フリーランスは、特定の会社に属さず主に1人で活動しているデザイナーになります。
何かに特化しており、チラシ作成の場合はデザインのみを請け負う場合が多いようです。
その分デザインに関するスキルや経験、情熱を持っています。職人に近い存在です。
価格はデザイナーにより様々です。安い方からチラシ作成業者と同等の金額の場合があり、価格差はあります。

チラシ専門の作成業者

チラシ専門の作成業者は、チラシ作成をメインに行っている会社になります。メインにやっている分、実績も多くスキルもあります。
チラシ作成に関する専門なので、安心してお任せできるメリットがあります。
チラシのデザインだけを行うデザイン会社もあります。しかし、チラシ作成と名乗っている会社は印刷の手配まで一貫している所が多いです。そのため依頼する側は比較的楽にチラシ作成を進めることができます。

印刷会社

印刷会社は印刷をメインに行っている業者になります。チラシ印刷に関してはプロ中のプロのため安心して依頼する事ができます。
様々な印刷に対応できるます。紙の種類や印刷の方法にこだわりたい場合には適している依頼先になります。
印刷会社の中には、デザイン対応ができない、デザインが不得意な会社もあります。内容次第ではデザイン会社を別途手配する必要があります。
印刷会社に依頼する場合は、どこまで対応いただけるのかは確認してください。

■チラシ作成業者の選定基準別おすすめとは

チラシ作成会社の選定基準別おすすめとは

チラシ作成業者にはそれぞれタイプがあります。得な分野と苦手な分野があります。そのため自社が何をもっとも重要視するかで依頼先が変わってきます。
選定基準別にどの会社が当てはまるのか、おすすめのチラシ作成業者を解説いたします。

安さ重視で選ぶチラシ作成業者

とにかく価格!という安さ重視の場合は、フリーランスと印刷会社がおすすめです。
フリーランスは全部ではありませんが、探すと比較的安いところがあります。
印刷会社は専門のデザイナーがいない分、デザイン費用込みでも安く済む傾向があります。安さ重視の方には適した会社になります。

デザイン重視で選ぶチラシ作成業者

デザインのクオリティにこだわりたい場合は、チラシ作成を専門に行っている会社もしくはデザイン専門の会社への依頼がおすすめです。
専門業者ならではの質の高いデザインに加え専門知識も豊富です。また、作成実績も多いです。デザイナーも多く在籍しています。そのためクオリティの高いこだわりのデザインを期待できます。

コンペで選ぶチラシ作成業者

各チラシ作成業者に実際に作ってもらいチラシデザインで決めたい。という事でしたら、コンペでの選定がおすすめです。一般的なチラシ作成業者や広告代理店では受注金額や規模しだいではありますが、なかなか実際のチラシデザインをしてくれるところはありません。
コンペにこだわるのでしたら、クラウドワーカーに依頼すると良いです。
各クラウドワーカーのサイトでは、依頼方式に「コンペ方式」という物があります。その方式実際にデザインしたものを提案いただく事が可能です。

安心感重視で選ぶチラシ作成業者

初めてチラシ作成業者に依頼する際は、安心感が重要です。その場合は、地元のチラシ作成業者がおすすめです。地元だけあり親切丁寧に対応いただけます。また自社の事も良くしている可能性があります。そのため貴社にピッタリなチラシを作ってもらえるかもしれません。近くの会社で、チラシ作成を専門に行っている会社でしたら、初めての依頼でも安心してお任せできるでしょう。

対応の柔軟性で選ぶチラシ作成業者

対応の柔軟性も選定基準では重要な条件です。この条件で選ぶ場合はチラシ作成を得意とするフリーランスのデザイナーへの依頼をおすすめします。
1人で行っているため会社のルールなどがない分、チラシ作成業者や印刷会社より柔軟な対応に期待ができます。
ただ注意点としては、金額が非常に安い場合は修正回数に制限がある場合があります。
また、原稿作成や印刷の手配は別途自分で行う必要があるため、チラシ作成業者のように丸ごと依頼する事は難しいです。

■チラシ作成が安い業者の特徴

チラシ作成が安い会社の特徴

チラシ作成業者の選定基準として価格の安さは非常に重要ですが、安さだけに飛びつくと返って高く付く場合があり危険です。
チラシ作成費用が安い会社には必ず理由があります。良くある特徴を紹介いたします。

経験や実績が少ない

チラシ作成が安いの中には、チラシ作成に関する経験や実績が少ないため、価格設定を安くしている場合があります。
理由は、実績が欲しいからです。実績の少なさは営業面で非常に不利になります。そのため設立して間もない会社やチラシ作成の経験が少ないチラシ作成会社の中には、実績を増やしたくて、戦える武器がないため価格の安さを売りにしている所もあります。

デザインが主の業者

チラシ作成の中のデザインの部分だけが主な業者は、作業がデザインのみになるため費用が安くなります。ただ費用が安く見えるだけで、印刷費用がこの金額に上乗せになるため、トータルで計算すると返って高くなる場合があります。
別途印刷会社の作業費用を合わせて金額を検討するようにしましょう。

デザインはテンプレートを使用

チラシ作成が安い業者の中には、デザインの自由度が低くテンプレートを使用している場合があります。顧客からのヒヤリングを元に、一からオリジナルでデザインをすると工数が掛かるため、予め用意されているテンプレートから選び作成する事により手間を省け工数を減らせるため費用を抑える事ができます。
デザインにこだわりがない場合や、とにかくテンプレートでも良いので、チラシ作成の費用を安くしたい時には良いでしょう。

■良いチラシ作成業者の特徴

良いチラシ作成会社の特徴

良いチラシ作成業者とはどのような会社なのでしょうか。せっかくチラシ作成を依頼するのでしたら、良い会社に依頼したものです。
良いかどうかを見抜けるように、良いチラシ作成業者の特徴をお伝えいたします。

チラシ作成のヒヤリングが丁寧な業者

良いチラシ作成業者の特徴としては、ヒヤリングが丁寧で聞き出す能力が高いことがあげられます。
良いチラシを作成するには、顧客からチラシ作成に関する情報を細かくヒヤリングする事が大切です。
チラシの目的や用途、ターゲット層、チラシを作成する事になったきっかけ、デザインの方向性などの情報はチラシ作成に役立ちます。

チラシデザインの対応力が幅広い業者

チラシにおけるデザインは重要なため、そのデザインの対応力の幅が広いチラシ作成業者は魅力的です。
チラシデザインの対応力は、今までの経験や実績に基づくものであり、いかに経験や実績が多いかが分かります。今までの積み重ねにより、ターゲット層にあった幅の広いデザインに対応する事ができます。また実績としては数だけでなく、今までに対応してきた業種の種類にも左右されますので、どのような業種の実績があるかも確認すると良いでしょう。

チラシ作成を丸ごとお任せできる業者

チラシ作成業者の中には、原稿作成やデザインの方向性など顧客に求める会社もあります。
しかし初めての場合はどうしたら良いのか分からず、忙しい時にそのような対応をするのは難しい場合もあります。
ヒヤリングを元にチラシ作成業者の方で、今までの経験を元に提案をしてくれ、作成をリードしてくれると非常に助かります。
チラシ作成を丸ごとお任せできる作成会社はとても良い存在になることでしょう。

他社分析を考慮したチラシ作成業者

チラシ作成をする際には他社分析は欠かせません。顧客の希望通りただ作成するのではなく、きちんと競合他社の分析を行った上で、差別化ができており、目的である成果に結びつくチラシであれば費用対効果が望めます。
こちらからお願いしなくても、率先して他社分析をした上でのチラシを提案してくれるチラシ作成業者は良い会社と言えます。

約束を守れる会社

当たり前のことではありますが、細かいことまでしっかり約束を守ってくれるチラシ作成業者は信頼できます。
スケジュールや、やってくれると言ったこと、営業担当からの提案もきちんと対応してくれる会社に悪いところはありません。信用できる良い会社です。

■チラシ作成業者の選定方法

チラシ作成会社の選定方法

チラシ作成業者の選定方法にはいくつか方法があります。よくある多い方法を紹介します。
自社のエリアや、どのような業者とならやりやすいのかを考慮の上決めてください。選定方法によっては少々リスクもある場合がありますので、慎重に決める必要があります。

地元のチラシ作成業者に依頼

チラシ作成業者の選定を初めて行う際や、チラシ作成に不安がある場合は、地元のチラシ作成業者がおすすめです。
地元という事でいつでも会える距離にありますし、実績に自分が知っている企業が含まれている事があるので、気持ちの面でも安心してお任せできます。

インターネットでチラシ作成業者を検索

地元にこだわらずに、自社の条件に合うチラシ制作業者を探したいという時には、インターネットでエリア関係なく検索して探すのがおすすめです。
たくさんのチラシ作成業者から選ぶ事になるので、時間は掛かりますが納得のいく1社を見つける事ができるでしょう。

比較(まとめ)サイトにてチラシ作成業者を比較

広く自社の条件に合うチラシ作成業者を見つけたいが、インターネットで検索すると迷いそうという場合には、比較サイトやまとめサイトにて調べる方法がおすすめです。
色々なパターンのチラシ作成業者をピックアップして掲載されており、その中で比較する事ができるため、選定方法としては効率も良いです。

カタログ・チラシのお問い合わせは

■チラシ作成業者の相場

チラシ作成業者の相場

チラシ作成業者を選定する際は、必ず見積書をもらい価格を比較します。その際に高いか安いのか判断するにはチラシ作成に掛かる費用の相場を知っておく必要があります。
チラシデザインに掛かる費用、印刷に掛かる費用、それ以外に関連して掛かる費用の相場について説明いたします。

チラシのデザイン作成に掛かる費用

チラシのデザイン費用には、デザインや原稿作成、そして最終的に印刷会社に入稿するための入稿データの作成費用までが含まれます。
またその価格は、デザインの複雑さや紙のサイズ、チラシに掲載する情報の量、片面か両面かによっても変わってきます。
サイズごとのデザイン費用の相場は下記になります。

チラシデザインの相場

チラシ印刷業者に依頼する費用

チラシの印刷費用は、入稿データの確認、印刷作業、印刷用紙が含まれます。
印刷費用も、デザイン費用同様に紙のサイズや、片面か両面で費用が変わります。
また、一般的な印刷会社に依頼するか、ネットプリントに依頼するかで費用は変わります。
下記はサイズ別の印刷費用の相場一覧です。

チラシ印刷の相場

チラシ作成に関連して掛かる費用

チラシの作成には、デザインや印刷費用以外にも場合によっては下記の費用が掛かってきます。

  • プロカメラマンによる写真撮影費用
  • プロライターによる原稿作成費用
  • チラシ用途に応じた利用料金(折り込み費用、ポスティング、郵送など)

このようにチラシのクオリティを高めるための費用や、用途に応じた利用料金が掛かる事を考えて予算を決めましょう。

関連サイト: チラシ作成相場とは

■チラシ作成の流れ

チラシ作成の流れ

チラシ作成における業者選定から、チラシ納品まで流れを説明いたします。
流れは以下になります。1つずつ詳しく説明します。

チラシ作成業者の選定

チラシ作成業者の選定は非常に重要です。まずは知り合いに聞いたり、インターネットで調べたりした上で数社に絞り話を聞きます。その後は見積書や資料の提出となりますので、話を聞いた時の印象と金額、過去の実績など総合的に判断して決めます。

業者との打ち合わせ

チラシ作成業者を1社に絞ったら契約し、具体的に作成に向けた打ち合わせを行います。
どのようなチラシを作成したいのか、出来るだけ詳しく説明することが重要です。この打ち合わせを元に作成が始まりますので、しっかり要望を伝えましょう

企画・構成を決める

チラシの企画や構成を決めるにあたり、チラシ作成の目的、用途、ターゲットをしっかり決めておくことが重要です。
後になって依頼先や社内において、皆の共通認識のズレや、チラシの原稿やデザインがぶれないようにしっかり決めてから行いましょう。

掲載内容を決める(原稿作成)

企画・構成に合わせて必要な原稿を作成していきます。この作業はチラシ作成会社が行う場合と、自社で行う場合があります。

チラシのデザイン作成

原稿作成が終わったら次はチラシのデザイン作成です。デザインは口頭ですと要望が伝わりづらいです。イメージが付きやすいように、参考となるチラシデザインを提示すると良いでしょう。

チラシデザインの参考サイト
Pinterest(ピンタレスト) 
パンフレット&チラシ見本帳 
FLYER ARCHIVE JP 

チラシの校正

チラシの校正が上がってきましたら、よく内容を確認してください。デザインだけに目がいきがちですが、掲載情報に誤りがないか、文章がおかしくないか、誤字脱字がないかまで細かくチェックするようにしてください。

チラシの印刷

チラシ作成のデータが完了しましたら、次は印刷会社での印刷です。色や写真にこだわる場合は色校正をもらって確認すると良いです。

チラシの納品・利用

チラシが納品されましたら、次はチラシの用途に合わせて利用します。
新聞折込やポスティング、郵送などをする場合は、事前に手配しましょう。納品後にスムーズに利用することができます。

■まとめ|チラシ作成依頼の注意点

まとめ|チラシ作成依頼の注意点

チラシ作成業者の選定方法は分かりましたでしょうか?最後はまとめとして、依頼する際の注意点をお伝えします。
依頼先を選定し、いざチラシ作成となった際によくある失敗例になります。

チラシの目的・用途・ターゲットに適したタイトルにする

チラシ作成において目的や用途、ターゲットを決める事は大事と分かっている。だから、しっかり決めて作成業者に伝えたはずなのに。何かが違うと感じることが時々あります。
まずは、チラシのメインとなるタイトルがターゲット層に響くかどうか考えてください。折り込みチラシの場合、手に取っても興味のないタイトルでは読みません。直球でなくても構いません。そのターゲット層が興味関心のあるタイトルを付けるようにしてください。

チラシ作成業者に全てを丸投げしない

チラシ作成が得意でない場合は、依頼先に丸投げしたい気持ちは分かります。しかし、全て丸投げするのは危険です。技術的なことは難しいので丸投げでも問題ありません。しかし、競合他社や自分達の市場がどのようなチラシを作成しているのかは、自分でも調べるべきです。その上で、チラシ作成業者に要望を出しましょう。そして、出てきたチラシデザインが適切かどうか判断して。

チラシ納期の確認

正式に依頼をする際は、再度納期のスケジュールの確認をするようにしてください。
納期はその会社の込み具合で変わってきます。チラシ作成業者を選定する際に聞いた納期から変わっている可能性があります。
チラシ作成に入ったあとではです。想定の納期と違うなんて事になると、利用に間に合わなくなります。しっかり確認した後で作成に入るようにしましょう。

チラシ効果の測定方法

チラシ作成の目的は配布だけではないはずです。配布による宣伝効果、来店、購入などを狙っているはずです。
しかしながら、Webとちがい効果が分かりづらいのがチラシです。
そのような際には以下のような測定方法があります。

  • チラシにクーポンを付けることにより、利用数での効果測定
  • チラシ持参特典を付けることにより、持参数での効果測定
  • QRコードを付けてWebページに飛ばすことによるアクセス状況での効果測定

効果測定をしない事には次回作成する際に改善ができません。チラシを作成する際は、効果測定ができる手段も考えて作成すると良いでしょう。

依頼先の選定は重要です。気軽に相談できる制作会社をお探しの際は、下記エー・エムー・ティーまでお気軽にご連絡ください。

カタログ・チラシのお問い合わせは

【この記事のライター】

筆者情報

AMT編集部

長年の歴史でつちかってきた、確かな技術と経験・実績に裏打ちされたお役立ち情報をコラムとして配信しております。
まずはコラムをお読みいただきお役に立てますと嬉しいです。そして、どんなことでもお気軽にエー・エムー・ティーまでお問い合わせご相談ください。