Web制作

WordPressに検索フォームを付ける

2021.09.16

WordPressに検索フォームを付ける

WordPressに検索フォームを付ける には、ワードプレスが標準で持っている検索フォームを使えば簡単に実装することができます。
この検索フォームはフリーワードタイプなので、投稿記事や固定ページのタイトルや文章内に含まれるキーワードを何でも探し出すことが出来て、非常に便利です。

2つのPHPテンプレートを用意します

2つのPHPテンプレートを用意します
検索フォーム用のPHPテンプレート「searchform.php」と、検索結果を表示するためのPHPテンプレート「search.php」を用意します。
このファイル名のテキストファイルがテーマフォルダ内にあれば、自動的に「検索フォーム用」「検索結果表示用」として認識してくれます。

検索フォーム用の「searchform.php」

検索フォーム用の「searchform.php」
↑このページの最初に出てくるサンプル画像用に作成した、検索フォーム2つを入れた見本です。
上がシンプルな検索フォーム、下がカテゴリー絞り込み機能付きの検索窓です。
実際には、このどちらか片方を使います。
カテゴリー絞り込み機能付きの検索窓
カテゴリー絞り込み機能は、「wp dropdown categories」関数を使います。
ここでは、【階層の深さ制限なし&名前順&投稿無しカテゴリーは表示しない&「▼絞込み選択」のときはすべてのカテゴリーで検索&除外したいカテゴリーはカテゴリーID2と4】というパラメータを渡しています。

 

検索結果表示用の「search.php」

検索結果表示用の「search.php」
検索結果を表示するのに、Bootstrapのカード定義を使用して、↑こんな感じにしてみました。
最初の方で「get_template_part(‘searchform’)」として、検索窓も呼び出しています。